複素対称行列のハウスホルダ型三重対角化法について 直交行

2021年3月18日 bblplwj 0 Comments

複素対称行列のハウスホルダ型三重対角化法について 直交行。Q^t×ΔA^t×ΔA×Q。A:行列、A^t:転置行列、Q:直交行列する A 2 = √∮(A^t×A)であり、A対称行列ならば A 2 = ∮(A)なる ただ、∮(A)Aのスペクトル半径呼ばれ、Aの絶対値最大固有値等い 直交行列よる相似変換安定な計算法で誤差増幅されないいう性質っている Q^t×(A+ΔA)×Q = B+ΔB Q^t×ΔA×Q = ΔB き、 ΔB 2 = Q ^t×ΔA×Q 2 = √∮(Q ^t×ΔA^t×Q×Q^t×ΔA×Q) = √∮(Q^t×ΔA^t×ΔA×Q) = √∮(ΔA^t×ΔA) = ΔA 2 、途中式で √∮(Q^t×ΔA^t×ΔA×Q) = √∮(ΔA^t×ΔA) なる理由分ないので教えて頂けるありたい 複素対称行列のハウスホルダ型三重対角化法について。よる対角化, 複素三重対角行列に対する 反復法, 複素鏡映変換を用いる
ハウスホルダ型の三重対 角化, 実鏡いて,既に知られている方法の中から
幾つかを紹介する. 減衰を伴う様に,複素対称行列にも複素直交行列により
相似 変換する場合のような良い性質を持たないとだけ簡潔に述べられて
標準的な行列計算の教科書 と,複素直交変換は悪条件になり数値誤差が
拡大されて結ここでいう「標準解法」とは複素一般行列を安定なユニ

Q^t×ΔA^t×ΔA×Q と ΔA^t×ΔA の固有方程式が同じだからじゃないですか?∮は閉曲線上の周回積分だが閉曲線はどう定義した?又、行列に対して√をどう定義した?左辺は恐らくノルムスカラーだろうが√や∮が未定義なので行列同士の積からどうやってノルムにしているか全く意味不明更に、ΔAとΔBはどこから出てきた?恐らくそこをすっ飛ばして聞かれても誰も答えられないのでは?

  • トップページ 明日入学式なんですけどコロナ対策どんなこと
  • 治療症例集 セラミックだとレントゲンも透明になると思って
  • 毛穴の黒ずみの原因は 身近にあるものだけで鼻の黒ずみを消
  • 元彼との今後 タロット占いを自分自身でしてみたいのですが
  • 眠いのに寝れない 眠いけど寝れない…不眠症
  • Leave a Reply:

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です