猫のワクチン 予防接種必要な理由や副作用の頻度や内容の根

2021年3月18日 bblplwj 0 Comments

猫のワクチン 予防接種必要な理由や副作用の頻度や内容の根。近所にも薬を全否定する宗教に入っている人がいます。母、子供のインフルエンザの予防接種大反対困って 同居の母医療の知識持っているわけでありません きちんたた本読んだわけで、関係する講演会参加た事ありません テレビで見た知識だけ テレビで見た副作用な話だけ根拠、物凄く反対てきます で盲信するつりありません、基本的標準治療、予防支持ます なのでインフルエンザの予防接種自分子供するつり 母ほっけば良いの、子守頼む事あるので多少譲歩必要で 去年予防接種た時物凄く色々言われ 接種後子供の体調悪い「副作用だ」決めつけて、ネチネチ言われます 「子供殺すつりなの 」言 「テレビで言ってたわよ」など言って否定てきます 予防接種必要な理由や、副作用の頻度や内容の根拠なる資料見せて「こんなの絶対じゃないでょう」聞き入れる様子ありません ような母なのどうたらよいのでょうか 猫のワクチン。我が家は完全室内飼いだから必要ないだろう。と考えてしまっていませんか?
感染のリスクは室内飼育の場合も十分あるので。定期的なワクチン接種を
おすすめします。愛猫の健康いざ猫のワクチン接種を受けるなら; ワクチンの
副作用?猫のワクチン接種は。法律で定められているものではありません。
接種後に様子がおかしいと感じたら。躊躇せず動物病院に電話するようにして
ください。こんな症状が出たら。ワクチンの副反応?気になる体調の変化が
あったら病院へ

お役立ち情報。根拠として結核発生が多くなったというわけではなく才未満にもっと必要な
ワクチンがあるため。やむをえず時期を理由としては生後ヶ月未満で接種す
べきワクチンの数が増えたためと。早期に接種して骨髄炎などの副作用が
麻疹にかかったかどうか不明あるいは1回しか予防接種をしてないかた→麻疹
あるいは麻疹+風疹ワクチンを至急受けましょう。このような状況が長引けば
。免疫のないこどもたちや免疫が低下した高齢者は日本脳炎発症の危険性が高く
なること予防接種を受けた後に気をつけること?接種後の症状に関すること。予防接種を受けた後分間程度は。医療機関施設でお子さんの様子を観察
するか。医師とすぐに連絡をとれるよう接種後。生ワクチンでは週間。不
活化ワクチンでは週間は副反応の出現に注意しましょう。ワクチンの種類
によっても異なりますが。発熱。接種局所の発赤?腫脹はれ。硬結しこり
?発疹などが比較的高い頻度数%~数十%で予防接種を受けたしばらく
後に。何らかの症状が出現すれば。予防接種が原因ではないかと疑われることが
あります。

近所にも薬を全否定する宗教に入っている人がいます。無視するしかないですねお子さんは何歳ですか?そしてお母様は、反対されるのはインフルエンザワクチンだけでしょうか?それとも、全ての予防接種に反対ですか?私は、アンチワクチン派ではないですけど、副反応で怖い思いをしたので、自分は社会人になってから予防接種を受けてません。一方で子供には目立った副反応が無いので予防接種を受けさせてます。インフルエンザは100歩譲るとして、BCGなども受けさせないのは、どうなのかなと。下手すると虐待と同じになってしまいます。それから、犬猫の予防接種だって同じことかと。子供はペットじゃないとか、そう言った反論ではなく、狂犬病とか、人畜共通感染症でワクチンでなんとかなるものを、何も打たないで噛まれて病気になったら、どうなのよ?と。海外じゃ、ワクチン打ってない野良犬がウロウロしてる国もあります。迂闊に犬のそばを歩けません。何にせよ、お母様は何を言っても納得しないと思うので、お子さんについては、こっそり予防接種を受けるしかないかと思います。あとはお子さんに「ちくんしてきた」とか言わないよう口止めですね。もしくは、お子さんの年齢によっては漫画の「はたらく細胞」とか読ませて「僕はB細胞に武器作って欲しいから!」とか自分からワクチンを打ちたいと言わせてしまうとか。まあ、お母様からも「洗脳されてる」とかお子さんを説得しようとするかもしれませんが。あと、お子さんが高校生以降の場合は、受験でもない限りは予防接種は、打っても打たなくても、どっちでも良いような気がします。でも、子守をお願いするかも、と質問にあるので、そんなに大きなお子さんではなさそうですね。質問者さんは、アンチワクチン派のアドバイスが欲しいわけではなさそうですし。製薬会社から資金を得ていない独立した団体の報告で、WHOや厚労省の発表よりも信頼できる。厚労省に報告された副作用が記載されている。病気の発生と副作用のリスクを天秤にかけて、ご自身で判断されるのが宜しいかと。残念ながらお母さまの方が正しいです。>私は何でも盲信するつもりはありませんがじっくり説明していきますのであなた自身も確認していってください。私も最初はワクチンが効かないはずはないと思っていたのですが、火のないところに煙はたたないので自分で調べました。まずは厚労省のインフルエンザQAを見てください。上からザーッと見てQ21まで行きます。「Q.21: ワクチンの効果、有効性について教えてください。」根拠となる研究が挙げられています。御用学者の研究です。※1平成11年度 厚生労働科学研究費補助金 新興?再興感染症研究事業「インフルエンザワクチンの効果に関する研究主任研究者:神谷齊国立療養所三重病院」※2平成28年度 厚生労働行政推進調査事業費補助金新興?再興感染症及び予防接種政策推進研究事業「ワクチンの有効性?安全性評価とVPDvaccine preventable diseases対策への適用に関する分析疫学研究研究代表者:廣田良夫保健医療経営大学」ここだけなぜかリンクが張られてません。おかしいですよね。ここまではさんざん外部へのリンクが張られていましたよね。それを見てほしくてザーッとと言ったのです。厚労省の優秀な方が監修しているはずのホームページで間違ってリンクを貼り忘れたとは到底思えませんよね。何か隠したい疚しいことでもあるのでしょうか笑※1はかいつまんで言うと「65歳以上の健常な高齢者については約45%の発病を阻止し、約80%の死亡を阻止する効果があったとしています。」えつ?高齢者のデータ?老人に効くから若者に効くとか本気で言ってるんですかね?高齢者と若者では免疫力に差がありすぎでしょ。このデータを詳しく見ていくと複数の老健施設でケアの質も違うのに一緒くたに集めて研究したかのような説を展開しています。まぁそれは置いといて高齢者のデータなんです。※2まずは御用学者の概要から3年で1億弱積まれてますね。その下の方に結果とありますね。「小児<6歳におけるインフルワクの有効率は、検査PCR確定例でみると確実。」えっ?幼児のデータ?これも免疫力が大人と全然違うよ。元になる研究がこれです。考察5でもあるけどTest-negative design ? 「受診行動に起因するバイアス」を制御いやいや制御されてないでしょ。非接種と接種者では非接種グループの方がより重い症状で病院にかかるでしょ。ちょっと熱がでたくらいで病院にかかるのは接種したグループでしょ。そりゃPCR陽性は非接種者で多くなるの当たり前でしょ。こんな詐欺みたいなデータがかの厚労省が根拠としているデータなんですよ笑しかも結局、根拠としているのは6歳未満と65歳以上の人たちのデータとかありえませんよ。学生や働く世代のデータを揃えて根拠としてくださいよ。もうわかりましたかね?インフルエンザワクチンが有効だとするまともな研究なんて無いんですよ。エビデンスが無いものがまかり通る理由はその陰で何か別の力が働いています。今の安倍政権を見てると頷けますね。黙って接種させればいいんです。あの手の反ワクチンは宗教みたいなものですから、説得しても無駄です。何処のテレビの情報か知りませんがテレビのスポンサーは製薬会社なのでテレビで予防接種を否定するような情報は流れませんお母さんの言う通りワクチンに予防効果などありません。ワクチンに重症化を防ぐ効果もありませんワクチン接種をしても重症化します人間には免疫細胞が存在します重症化をワクチンで防いだのか?自己免疫力で防いだのか?調べようがないものの効果を示すことなど出来ませんワクチンは免疫系を痛めつける問題の原因ですワクチンは約150種類の添加物などが直接血管内に直接入ることで排除出来ずに免疫抑制をかけて、感染症の慢性状態を作り出しますワクチンは Th2 サイトカインを増やし、Th1 サイトカインを抑制して子供の体内でIgE抗体の産生を増加させぜんそく、アトピーなどのアレルギー反応を誘発するのでアレルギーや喘息?アトピー?自閉症?発達障害など様々な病気の原因になるのがワクチンです。■前橋医師会のレポートインフルエンザワクチンに効果がないうことを立証する有名なレポートに前橋医師会のレポートがあります児童の予防接種事故をきっかけにして集団接種を中止した前橋市は、研究班を立ち上げ5つの市で計75000人を対象にして6年間にわたりインフルエンザワクチンの疫学調査をした結果ワクチン接種の有無で罹患率が全く変わらずワクチンが何の効果も示さないことが証明されています以降、定期接種から任意接種へと変更されたのが歴史的事実です92年12月、予防接種禍集団訴訟の東京高裁判決で原告が勝訴し厚生大臣は陳謝しています93年12月、厚生省は「有効性がないことを理由に幼児?学童へのインフルエンザワクチン強制接種制度を廃止厚生省は、30年間も全国民の子ども、孫たちを有害無益なワクチン接種の犠牲にしてきたことを公式に認めています■インフルエンザ脳症厚労省の「インフルエンザ脳炎?脳症の臨床疫学的研究」2001で脳症はインフルエンザウイルスのしわざではなく一部の解熱剤が原因になって引き起こされていることがわかっています。平成11年度厚生科学研究ジクロフェナクナトリウム又はメフェナム酸が使用された症例では使用していない症例に比較して死亡率が高い死亡率アセトアミノフェン 29.5%ジクロフェナクナトリウム 52.0%メフェナム酸 66.7%その他の解熱剤 22.7%■予防効果のない根拠2011年にオランダのエラスムスメディカルセンターのワクチン学研究結果子供が定期的にワクチン接種を受けることでインフルエンザと闘う免疫システムが悪化すると結論づけていますこの研究はワクチン接種の反対科学者ではなくワクチンの性能を改善する賛同者によって行われています研究リーダーRogierBodewes氏はインフルエンザワクチンは潜在的な欠点がありこれについては議論を行うべきと述べています■予防効果のない根拠ワクチンは弱毒化した病原体やインフルエンザワクチンのように病原体の一部を皮下注射で注入し病原体に対する抗体を作らせようとしますしかし通常なかなか抗体が作られませんなぜなら健康で免疫力の高い人は、抗体を作る必要がないからですしっかり異物と認識しT細胞の働きで対応できるからですほとんど当たりもしない抗体を作らせるためにはわざわざ免疫増強剤アジュバントを添加したり保存剤と称して有機水銀や発癌性のホルマリンなどの様々な毒物を入れて免疫系を混乱させ、免疫力を低下させる必要がありますつまりワクチン接種で抗体を作らせることに成功したというのは免疫力を低下させることに成功したということです。ところが、多くの人が、これを免疫がついたと言っていますそして、一度に大量の異物が血液中に入り込むため免疫系が混乱し、処理しきれず、病原体と抗体が結合したものがそのまま排泄されず血液中に留まります感染症の慢性状態の出来上がりです!因果関係を曖昧にすることで原因不明となり普遍的な病気を作り出し、病院へ通い薬をのみ続けることで患者を固定資産化するのが医療製薬業界が作り出す医療奴隷制度その結果、世界の人口1.8%の日本人が世界の薬の40%タミフル75%を消費している薬漬け大国なのです。その医療費は国家税収とほぼ同額の40兆円それらの税金が外資製薬メーカーに湯水のように流れ込んで行くこれが医療連盟が作り上げた日本の現実です内側の戦争に免疫力が使われるので外の見張りがおろそかになり、免疫力が低下したいしたことない病気に感染し重病になりやすくなりますこのように予防接種によって血中に異物が入り排泄できず、血液が濁り、毒血症となってさまざまな疾病を引き起こしますすなわちワクチンの予防とは、感染症の慢性状態を作り出すことにありますウイルスの型はA型でも144種類さらに変異を繰り返すのでワクチンは無駄な抵抗でしかありません■ワクチンの有害物質チメロサールチメロサールは、成分の半分がエチル水銀です水銀は神経軸索や脳細胞に損傷を与えますDPT、インフルエンザホルムアルデヒドシックハウス症候群」の原因物質のうちの一つ国際がん研究機関によりグループ1の化学物質に指定され発癌性があると警告日本脳炎、インフルエンザアルミ免疫作用を働かせるためアシュバンドとしてアルミを使っていますアルミは脳に蓄積すると脳機能に影響を与えます。インフルエンザ、DPT、ビブ、肺炎球菌、日本脳炎デオキシコール酸ナトリウム動物臨床で、脳関門の損傷、皮質体積の減少、神経細胞の減少ほとんどの生ワクチングルタミン酸ナトリウム脳で興奮毒になり脳機能を損傷ほとんどの生ワクチンポリソルベート界面活性剤脳関門の損傷DPT、ビブ、肺炎球菌、日本脳炎、インフルエンザ■予防効果のない根拠ワクチンは国策であり外資のビジネスです。ワクチンは日米年次改革要望書という命令書により米国の属国の日本は厚生省から各自治体へ命令が下りますエビデンスは製薬会社により捏造され御用学者を数億単位で雇い改ざんされるのは普通の話です医療?製薬分野は世界で約1000兆円の超巨大利権です日本製薬工業協会に加盟する製薬会社71社が2016年度に医師に支払った講師謝金やコンサルタント料などの総額が約266億円医師に直接の謝礼を支払うのは雑誌社なので製薬企業は医師支払いとして計上する必要がない。製薬企業、医療業界誌、医師の三者にとって大変都合の良い仕組みですWHOファ〇ザー製薬などは製薬業界が作り製薬会社の寄付などで運営されていますエビデンスは製薬会社が作ったものだけが承認されます出回っている世の中のエビデンスは製薬会社がロビー活動を行い御用学者を雇い、億単位の金銭供与で捏造されています独立系の民間機関の反対論文などは抹殺?隠蔽されています大学の研究費を出しているのも製薬会社です医師連盟は政治に深く関与して医療分野に予算を奪うお仕事です医師は製薬会社の教科書で勉強して製薬会社から接待や金銭供与を受けて働くお仲間集団です医師にとって製薬会社のエビデンス通りに仕事を進めることが医師としてのメリットでありデメリットのないことです厚生労働官僚の天下り先は製薬会社ですTVメディアのスポンサーは製薬会社です日本の報道は全て米国大使館でチャックされていますそして知恵袋でも製薬関係者が自作自演で質問したりコメントします完全に公平性を欠いていますこんな世の中で真実の情報など一般市民に流れるはずがありません出回っているエビデンスを信じろと言う方に無理があります少し歴史や社会構造を調べればわかるかと思います歴史?政治?経済?社会構造や利権などの背景からも予防とは劇薬のワクチンではなく日々の生活習慣の見直しや健康管理による免疫力の向上です 。予防とは感染しない自己免疫力の向上です。感染しても発症を抑える自己免疫力の向上です。発症しても重症化にならない自己免疫力の向上です。ワクチンがあぶない! ワクチン接種の危険性とインフルエンザの誇大宣伝の実態元国立公衆衛生疫学部感染症室長 母里啓子 医師大阪赤十字病院 山本英彦 小児科医すべてのワクチンは一切効果が無く有害! 内海聡医師薬が病気をつくる!薬剤師 宇多川久美子先生インフルエンザワクチンの嘘 大沼四廊 先生ワクチンの罠から子どもを救え!船瀬俊介氏科学研究者団はインフルエンザ?ワクチンの接種を続けることによって年々、身体の免疫システムが破壊されていくという証拠大製薬業界が隠ぺいしてきたことが明らかにしていますオハイオ州立大学 Wexner メディカルセンターの科学者達はワクチンを受けた女性達が次の年から免疫システムの反応が弱くなっていることを発見ロバート?ケネディ?ジュニアは米国政府と製薬業界のワクチン情報捏造を激しく批判しています

  • 小学校でのクラスター発生 小学校の近くで感染者がでました
  • 大黒摩季が“withコロナ”宣言 歌手の大黒摩季さんの名
  • 速度違反を促進 車好き高速100キロで走ってますか
  • 揺れた瞬間 10ってどこから来たんですか
  • 緊急事態宣言の要請 なんで日本は緊急事態宣言なるものを出
  • Leave a Reply:

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です