図解物理探査 キャットバードさんのホームページの超ひ理論

2021年3月25日 bblplwj 0 Comments

図解物理探査 キャットバードさんのホームページの超ひ理論。質問者の別IDです。キャットバードさんのホームページの「超ひ理論万有引力の法則?クーロンの法則?平行電流間の力の法則導く 」ついて(2) http://catbirdtt web fc2 com/tyouhimorironnkarakuronnnohousokuwomitibiku html

の「Ⅲ 光ての振動物質ての振動」おかいね
閉じたひっての繋りようない、長さ2πLp かあり得ませんよね 上速度c で波伝わるたら、ω=1/Tp の波か存在できません 閉じたひ全部プランク質量持つたらえらいこなります、大丈夫か

※ あ、閉じたひっての、どうみてパンツのひよね
※ ついで言っておく、節で、h hバーの使用混乱て う、いい加減こういうミス終わりない恥ずかいよ 遠隔作用とは?意味。帯電体の間に働くクーロン力は万有引力と同様に二つの物体を結ぶ直線に沿って
作用し,途中の空間には何の変化も起こさず電磁気現象においてクーロン力
だけでなく,磁極間の力または相互作用,電流と磁極の相互作用,電流間の相互
作用などもこのクーロンの法則を運動する電荷の場合に拡張して静電気理論と
流動電気すなわち電流の理論とをまとめた統一的理論をつくりあげようと試みた

万有引力の法則逆2乗則の逆問題を解説する本と動画。この著作でニュートンはケプラーの法則を数学的に証明したとされているが。
注意しなければならないことがある。たしかにニュートンは惑星の楕円運動から
万有引力の法則を微積分を使わずにユークリッド幾何学。つまり作図2。クーロンの法則により,二つの点電荷の間には電気力が作用する.今,下図図
-.点電荷 が位置 にある点電荷 に及ぼすクーロン力電荷 と が異
符号の場合は,?は負で作用?反作用は引力で図の向きと は反対になる.「電磁力の仕組み」と「マックスウェルの方程式」の正しい解釈。電磁力の仕組み」と「マックスウェルの方程式」の正しい解釈 1超ひも理論
先ず。「超ひも理論」から説明します。そして「超ひも」の振動数が増える
に従って。エネルギーが高く質量は重くなります。この式のとおりクーロン力
は。つの電荷の積に比例し。つの電荷の距離の乗に反比例します。と「
クーロンの法則」が導かれます。電流間に働く力 そして。離れた本の平行
な導線を同じ方向への電流が流れる時。お互いに相手の磁場により導線を移動
する電子

Maruzen科学年表。諸力の統一 無から有を 弦の理論実在は次元かそれとも次元か
? エイズ 波による観測 引力 物,天,物,物 ウ
ヴァイキング 世 ヴァルデン転位 化 ヴァン?アレン帯 地
ヴィーンの法則 物 ウィーン風カフェ 世 ウィルス ,生,
生,医,生,生,医,生分光計 天 分子 物,
物,物 長鎖分子 化 分子運動 物,物,物 分子間力
物図解物理探査。顧みるにこの年間,物理探査に関する理論と技術は目覚ましく進歩し,その応用は
資源開発,土木建設,環境保全?防災あるいは地球 日次 重力?磁気探査
万有引力?クーロンの法則とポテンシャル 典型的なモデルの重磁力異常
ラプラス方程式とこの距離臨界距離は上層の厚 さと,上層と下層の弾性披速度
比により決まるスネルの 法則屈折法地震探査と微小地震 図- 平行二
層構造での解析原理 平行二層構造の時の走時曲線は,直接波の走時と屈折 波

質問者の別IDです。キャットバードさんのホームページのh とhバーの間違いは、どうせ私が直してあげないといつまでも放置されると思うので、添削しておいてあげます。年末年始に全経典を再チェックして、もう私に指摘されないようにしようね!<誤>ここで、超ひもの振動数と質量及びエネルギーの関係をまとめておきます。1[Hz]の1本の超ひもの物質エネルギーE=hバー×1[Hz]= 1.054364×10^-34[Js]×1[回/s]= 1.054364×10^-34[J]です。そして1[Hz]の1本の超ひもの質量=1.054364×10^-34[J]÷c2=1.173138×10^-51[㎏]です。更に1[J]のエネルギーを持つ超ひもの振動数=1[J]÷1.054364×10^-34[J]= 9.484382×10^33[Hz]です。また、プランク質量の1本の超ひもは、1秒間に1/Tp回振動するので、プランク質量の1本の超ひものエネルギーE=1.054364×10^-34[J]/Tp=1.956150×10^9[J]=プランクエネルギーEpです。<正>ここで、超ひもの振動数と質量及びエネルギーの関係をまとめておきます。1[rad/s]の1本の超ひもの物質エネルギーE=hバー×1[rad/s]= 1.054364×10^-34[Js]×1[rad/s]= 1.054364×10^-34[J]です。そして1[rad/s]の1本の超ひもの質量=1.054364×10^-34[J]÷c2=1.173138×10^-51[㎏]です。更に1[J]のエネルギーを持つ超ひもの振動数=1[J]÷1.054364×10^-34[J]= 9.484382×10^33[rad/s]です。また、プランク質量の1本の超ひもは、1秒間に1/Tp[rad] 振動するので、プランク質量の1本の超ひものエネルギーE=1.054364×10^-34[J]/Tp=1.956150×10^9[J]=プランクエネルギーEpです。※ それにしても1rad の振動ってのは、結構草はえるなぁ。それって、振動じゃないじゃんwwCキャットバード理論は、3次元の「立体Dブレーン」を想定します。これは、9次元の「超ひも」が繋がったものです。そして、物質も光も全てこの「超ひもの網」=「立体Dブレーン」の振動で表現されます。光を伝える媒体である「エーテル」は否定されました。しかし最先端の「M理論」では、光と物質を伝える「立体Dブレーン」を想定します。ホーキング博士は「3次元のブレーン」を提唱されました。ホーキング博士は、日本で「BRANE NEWWORD」と題した講演を行い、その中で「ブレーンは3次元の構造を持ち、我々は3次元の空間の中に住んでいる。30年間『万物の理論』を探し続けてきたが、『M理論』がその有力候補と考えられる。」と語られました。では、C理論を説明します。宇宙開びゃくの瞬間、宇宙は非常にエネルギーの高い状態にあり、個々の「超ひも」は自由に空間を動き回っていました。しかし、宇宙のエネルギーが、100GeVになった時、「超ひも」は第三回目の相転移を起こしました。相転移とは、水蒸気が冷えて氷となる様な現象を言います。水蒸気として自由に動き回っていた水の分子は、冷えて相転移を起こし氷の分子として固定され、もはや自由には動き回ることが出来なくなります。 ここからは、オリジナルです。 ビッグバンの初期には、「超ひも」は光速を超えて自由に移動していました。しかし、宇宙のエネルギーの低下に伴い、宇宙は相転移を起こし、「超ひも」は固定され網状に繋がったと考えます。これが「立体Dブレーン」です。 そして、その「立体Dブレーン」の上を、物質や光及び重力?電磁力?強い力?弱い力の4つの力は、振動として伝わると考えます。つまり、物質が移動して見える現象は、実は超ひもの物質としての振動が、次々と隣の超ひもに伝わる現象であると思います。そして、「立体Dブレーン」の振動自体が光速で伝わるので、何ものも光速以上で伝わることは出来ないのです。 超ひも理論では、物質も光も一本の超ひもの振動として表現されます。超ひもの長さをプランク距離Lと言います。振動が超ひもの端から端まで伝わるのに要する時間をプランク時間Sと言います。超ひもの振動は光速Cで伝わります。従って、 光速C=プランク距離L÷プランク時間S=L/S= 1.616199×10-35m÷5.39106×10-44秒=299,792.5㎞/秒となります。 ここで注意したいのは、1本の超ひも上を光は光速で振動として伝わることです。そして、真空中も同じ光速で光は伝わります。これは単なる偶然でしょうか。 真空中には、超ひもが繋がった「立体Dブレーン」があり、その上を光はそのまま光速で伝わっていると考える方が自然です。 上記で述べた通り、幾ら光の質量が0でも、光が粒子なら、エネルギーを加えると更に幾らでも加速するはずです。なぜ、光の速度は299,792.5㎞/秒が限界なのか、そのヒントは1本の超ひも上を伝わる光の速度が光速であることにあると考えます。 本来は、物質も光と同様に光速で「立体Dブレーン」上を伝わろうとします。しかし、「立体Dブレーン」である空間には「ヒッグス場」があり、物質がその中を移動すると、ヒッグス粒子が生じ物質にまとわり付き動き難さである質量を与えます。その為に、物質は光速未満でしか動くことが出来ないのです。 私は、この理由により物質は光速未満でしか移動出来ないと考えます。相転移する前の宇宙は、「超ひも」が繋がっておらず、自由に飛び回っていたので、光は光速を超えて移動することが出来ました。インフレーション理論でも、宇宙開闢の一瞬あらゆるものは光速を越えた速度で飛び散ったと考えます。その後、宇宙は相転移し、「超ひも」が網状に繋がり「立体Dブレーン」が形成されたので、光は光速で真空中を伝わる様になりました。 この様に、光も物質も全てのものは「立体Dブレーン」上を波として表されます。超ひもの振動自体が光速cで伝わるので、何ものも光速を超えて移動することが出来ないのです。まとめると、宇宙開闢のごく初期の光速を超えて膨張した時や、地球から遥か遠く離れ光速を超えて膨張している部分では、「超ひもの網」が形成されていないので、個々の「超ひも」は物質や光等として振動しながら、光速を超えて自由に動き回ります。一方、「超ひもの網」が形成されている時や部分では、物質や光はその上を振動として伝わり、その振動自体が光速なので、「何ものも光速を超えて移動することが出来ない」のです。そして、物質も光も神羅万象はこの「立体Dブレーン」の振動で表現します。そして「超ひも」の振動数が多い程、質量が大きい粒子やエネルギーの高い光となります。①1秒間に1回光として振動する超ひものエネルギーE=hf[J] h=プランク定数、f=周波数[Hz]です。ただし、物質波は原子核を回る電子の様に円運動する場合が多いので、2πが数式に頻繁に現れないように、ディラック定数?=h/2πと角周波数ω=2πfを使います。したがって②物質として1秒間に1回振動する超ひものエネルギーE’=?ω[J] ?=定数、ω=角周波数[rad/s]です。①物質のエネルギーE’=?ω[J] = h/2π×2πf=hf=E=光のエネルギーEです。プランク時間tpに1[rad]振動回転する「超ひも」を「プランク粒子」と言います。したがって「プランク粒子」の角周波数=1/tp=1÷√?G/c^5=√c^5/?G=プランク角周波数ωpです。よって③「プランク粒子」のエネルギーE=?ωp=?√c^5/?G=√?c^5/G=プランクエネルギーEpです。超対称性を持つ9次元の超ひもは繋がって「立体Dブレーン」を構成しています。ですから、物質波の波長は「プランク長」よりも長いのです。ですから、「閉じた振動」「開いた振動」と表現すべきでした。謹んで訂正致します。アラフィー物理独学者砂付近さん、上記のとおり「超ひも」は超対称性を持つ9次元のひもです。決して砂付近さんが想像されているような「ご自身のパンツのひも状」ではありません。砂付近さん、「超ひも理論」の独学も頑張ってください。あっ ?Д?、砂付近さんは???『ちなみに、わたしは独学で超ひも理論を勉強しようとしましたが、これについてはどうしてもわかりませんでした。ぜひ、教えてください。砂付近さん談』だった。残念!!

  • 慶尚南道とは また慶尚南道の読み方を教えてください
  • docomo 僕はドコモのiPhoneを使っているのです
  • 私立大学をめぐる最近の動向 それにこの世の中がなんたらか
  • 102歳男性 スペイン風邪とコロナウイルス
  • 離職票とは そもそもハローワークに行って何か仕事を探して
  • Leave a Reply:

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です